出産祝いには、どんなギフトが喜ばれる?

出産祝いは、どんなものを贈っても喜ばれるものですが、基本的には生まれてきた赤ちゃんのためのギフトを贈るのがベストです。

 

old_喜ばれる出産祝いのまとめ

 

赤ちゃんが着る肌着や洋服、おくるみ、ブランケットなどは定番でしょう。

 

肌着などは今すぐに着られるようなサイズを選ぶ場合もあれば、1歳頃に着れる80サイズや2歳頃に着れる90サイズを選ぶ方もいます。

 

贈る相手の好みがわかっているならば洋服や肌着はいくらあっても重宝するのでおすすめです。

 

またよだれがたくさん出る赤ちゃんであればスタイも必需品ですので、喜ばれるでしょう。

 

好みが分からない…という場合は、おむつケーキなどもおすすめです。

 

おむつケーキはおむつをケーキ型にしたプレゼントであり、おもちゃや肌着がセットになっているものも。

 

おむつは消耗品ですので、もらって邪魔になることはありませんし、見た目的にも豪華で華やかな印象があるのでギフトにぴったりですよ。

 

出産祝いの予算はどれくらい?

出産祝いの相場は3000円〜10000円前後が相場といわれていますが、その金額は贈る相手との関係性によっても変わってきます。

 

old_喜ばれる出産祝いのまとめ

 

例えば、兄弟など近しい親族に贈る出産祝いであれば1〜3万円前後と金額も高くなるでしょう。

 

甥っ子、姪っ子、従妹など少し遠い親戚に出産祝いを贈る場合は、5000円〜30000円前後と相場の幅も広くなります。

 

年齢に合わせて考えてみましょう。

 

一方、友人への出産祝いの目安は5000円〜10000円程度となっています。

 

職場の同僚や部下、上司などに出産祝いを贈る場合、部署単位や有志など連名で贈る場合が多いでしょう。

 

その時は、合計金額が10000円前後になるように、1人あたりの金額を設定するとよいですね。

 

出産祝いはいつ送るのがいい?

出産祝いを贈る時期ですが、産後1週間〜産後1ヶ月の間に渡すケースが最も多いです。

 

old_喜ばれる出産祝いのまとめ

 

赤ちゃんを見に行くタイミングで出産祝いも一緒に持っていくという方が多いでしょう。

 

もちろん直接渡すことができなければ郵送で送っても問題ありませんし、産後1ヶ月を過ぎた後に渡してもマナー違反ということはありませんよ。

 

遅れてしまったことを一言詫びて渡せばOKです。

 

1ヶ月以内に出産祝いを渡せば、生後1ヶ月前後でお宮参りに行くため、そのタイミングで内祝いを準備するご家族が多いでしょう。

 

それまでに送れば、内祝いのことなども考えて相手側の手間になることはないはずです。

 

渡すタイミングとしては、暦を意識して日柄を考慮すれば最適です。

 

6種類の曜からなる六曜の中でも吉日とされているのは、大安、先勝、友引です。

 

出産祝いのマナー

出産祝いのマナーとして、絶対やってはいけないのが、出産前に出産祝いを贈ることです。

 

old_喜ばれる出産祝いのまとめ

 

出産時には死産などが起こる場合もあり、何が起こるかわかりません。

 

必ず出産後に母子の健康を確認してから贈るようにしてください。

 

お祝いのメッセージなどを添える場合には、病、死、切などの不吉とされる言葉が入らないように気をつけましょう。

 

出産祝いは、入院先に持っていくのはマナー的には避けておきたいところ。

 

産後すぐは体調も戻っていませんし、入院中は何かとバタバタするものです。

 

出産祝いを持っていくのであれば退院して落ち着いた頃がベストですよ。

 

old_喜ばれる出産祝いのまとめ

 

出産祝いに日本茶やハンカチ、刃物は向きません。

 

日本茶は弔辞に使用されることが多いですし、刃物は縁を切るという意味があります。

 

またハンカチは別れを連想させてしまうので、やめておいた方が無難でしょう。

 

出産祝いのプレゼント

おむつケーキ

https://bv-baby.jp/SHOP/10059/list.html

出産祝いでしかもらうことができない特別なギフト
実用的でありながら、見た目的にも華やかでかわいい
おむつだけでなく、おもちゃやスタイ、タオルなど盛りだくさん

おむつケーキは、アメリカのベビーシャワーの演出アイテムが発祥です。

 

日本では2006年頃から人気が出ました。

 

赤ちゃん用の紙おむつを使ってケーキのように形作り、リボンやおもちゃ、ベビー用品などでデコレーションしたギフトです。

 

男の子では青系、女の子ではピンク系のおむつケーキが人気です。

 

かわいらしく華やかな見た目で、もらう側のリアクションも大きいでしょう。

 

さらにおむつでできているので実用性がありますし、デコレーションで使ったタオルやおもちゃ、スタイなども使えるものばかりです。

 

名入れベビーリュック!

https://bv-baby.jp/SHOP/170176/list.html

ずっと大切にしたくなる思い出に残る贈り物
少し大きくなったら使えるので、実用性が抜群
親子でお揃いのバッグを持つこともできる

名入れベビーリュックは赤ちゃんの名前が入ったベビー用のリュックです。

 

英字で名前が入るので、とてもおしゃれで、普段使いにもぴったりです。

 

特におむつを入れるのにちょうどよいサイズ感。

 

名入れベビーリュックの中には、親子でお揃いで持てるように大人用のバッグを販売するお店もありますよ。

 

世界に1つだけの子供の名前が入ったリュックなので、特別感があり、一生思い出に残る出産祝いとなるでしょう。

 

実用性もあり、もらって嬉しいギフトといえますね。

 

積み木・木のおもちゃ

https://bv-baby.jp/SHOP/177264/list.html

手触りや木の香り、温もりを感じられる
知育性、耐久性があり、長く遊ぶことができる
おしゃれな見た目なので、インテリアとして飾っておける

積み木や木のおもちゃは、生まれてすぐの赤ちゃんでも遊ぶことができるおもちゃとして出産岩いに人気があります。

 

特に木でできたおもちゃは口に入れても安心ですし、手触りや香りなど五感を使って遊ぶことができますよ。

 

また積み木などは4〜5歳になっても遊べるおもちゃであり、木でできたおもちゃは耐久性があるので長く楽しめます。

 

おしゃれなデザインのものが多いので、インテリアにこだわるママにも人気が高いです。

 

地育性があるものもあり、種類も豊富です。

 

バルーンギフト

https://bv-baby.jp/SHOP/139681/list.html

バルーンのアレンジ次第で様々なデザインが可能
ヘリウムガスなので普通の風船よりも持ちがよい(約3〜10日は持つ)
予算に合わせて商品を選びやすい

出産祝いにはかわいいバルーン風船で作られたバルーンギフトがおすすめです。

 

男の子用、女の子用とあり、名入れやメッセージをバルーンに入れることもできます。

 

またキャラクターのバルーンもあるので、赤ちゃんの兄弟が好きそうなバルーンを選んでみるのもよいかもしれません。

 

バルーンギフトは自分では買わないものなので、もらうと嬉しいですし、小さいお子さんがいるご家庭では非常に喜ばれます。

 

また写真に残しておけば一生の思い出になりますね。

 

おくるみ

https://bv-baby.jp/SHOP/172107/list.html

 

素材が豊富で季節に合わせて選びやすい
デザインや形もバリエーションが多く、好みに合わせやすい
産後すぐに使うことができ、何枚あっても無駄にはならない

おくるみは出産祝いの定番とも言えます。

 

おくるみは赤ちゃんを包む大判サイズに布(ブランケット)であり、退院時やちょっとしたお出かけで重宝するアイテムです。

 

赤ちゃんの体温調節にも使えますし、お昼寝時のブランケットとしても活用できます。

 

おくるみといえば、正方形や長方形などのサイズが一般的ですが、赤ちゃんの頭の部分がフードになっているかわいいデザインのものもありますよ。

 

素材は1年中オールシーズン使えるものもあれば、冬場にぴったりのもこもこ系まで幅広くそろいます。

 

吸湿性、保湿性に優れたコットン素材が人気ですよ。

TOPへ